2007-11-25

変な夢を見た。
 
集団で山の中の草むらに居て、誰か一人が毒草でラリってしまってヤバくなり、その内大多数の人がおかしくなって、みんなで山を降りる。でも山道はラリッた人(夢の中では"貴族"と呼称されてた)がラリって毒ムカデやゴキブリを潰したり皆にけしかけたりしていてまた半数がやられた。最後まで四人が残っていたけど、なんか木の蔓のトンネルみたいなのの中を走り抜ける際、女子が一人蔦から甘そうな臭いのする液が出てて、なめようとするんだけど、少年が、それは"マレーの唾液"と呼ばれる毒物だ、とか言って止めようとするんだけど、女の子二人がなめちゃって、ラリってしまった。そんで最後に男の子一人と女の子一人が残った。
 
 
てなかんじの夢だ。

1 件のコメント:

亮介 さんのコメント...

なんだ~そりゃ~~